カラダを動かして痛みをとろう!

query_builder 2023/12/29
腰痛自律神経
890609CD-E35F-46E6-9CDB-01879C5E04F6

千葉県柏市、柏駅から徒歩5分 リハビリ整体院、フィジオ・リ スタートASHITAの菅原です。


整体院に連絡してこられる最大 の原因は、痛みがもっとも多いです。


本日は、その痛みをカラダを動 かしてやわらげるといったお話をしたいと思います。


痛みが強いと動きたくなくなる と思いますが、この反応は生体の防御的反応になります。


しかし、痛みのために動かさな い時間が長い間続いてくると、問題となります。 長い時間、筋肉を動かさないと 筋力は低下してしまい、廃用性 萎縮(はいようせいいしゅく)と 呼ばれる状態になります。


さらに動かさないと関節拘縮に なり、このような状態になると 動きは制限されて、廃用性萎縮 (はいようせいいしゅく)を 起こした筋肉や、関節拘縮を起こした関節の代わりにがんばった筋肉などに負担がかかり二次的な痛みがでてしまいます。


このように筋肉を長時間動かさないことで新たに痛みを起こしてしまう可能性があるため、筋力を増強させるための運動や、 関節を動かす運動が大切です。


筋力トレーニングや、関節可動域訓練がこの運動にあたります。


また、歩いたり体操などの軽い運動は、廃用性萎縮や、関節 拘縮を予防するだけではなく、 運動そのものが、痛みを和らげ る役割があります。


軽度の有酸素運動を行なうと、 脳内から内因性のオピオイド 物質が放出されることが、知られています。


ですので、多少の痛みがあったとしてもカラダを動かすことが 大切になります。


痛みが長期化している場合にはカラダを動かしていきたいものです。

----------------------------------------------------------------------

フィジオ・リスタート ASHITA

住所:千葉県柏市あけぼの1-8-9 長妻ビル102

電話番号:050-3708-0417

----------------------------------------------------------------------