自律神経と深呼吸?

query_builder 2024/04/26
腰痛自律神経
CD5E20E1-77DB-4CA1-BCA7-0C7C8BF8E883

千葉県柏市、柏駅西口から徒歩5分。腰痛と足のしびれに強い整体院、フィジオ・リスタート ASHITAです。


自律神経の働きはみなさん、整っていますでしょうか?


自律神経には、交感神経と副交感神経の働きがあります。 特に交感神経の働きが強くなると、カラダは緊張状態になります。 アフリカにいるシマウマが敵から身を守るために 熟睡せずに緊張状態にありますが、この状態になります。 カラダが、緊張状態を続けると筋肉もこわばります。


なかなか腰痛が良くならずに当院にご相談に来られるお客様の中には、自律神経の働きが低下して いる方が多数いらっしゃいます。


交感神経がたかぶっている状態では、ダメージを 受けている組織の回復する力は落ちてしまいます。


カラダがリラックス状態になる副交感神経が 働きやすい状態にすることが大切です。


世界の腰痛ガイドラインというものがあります。 これには深呼吸がかなり有効とされています。


深呼吸、特にゆっくり息を吐くことが副交感神経の働きを強くすることができ、痛みを和らげる ことができます。


その深呼吸をしやすくする為のサポートも行ないます。


首周りの筋肉が硬くなってしまうと、息を大きく 吸いにくくなってしまいます。 また、お腹の筋肉に力が入りにくいと、ゆっくり 大きく息を吐くことができません。 これらを調整して使えるように持っていきます。


ここにしっかりコミットできるのは、リハビリに 特化している当院の強みになります。


ゆっくり深呼吸、特にゆっくり息を吐いていくと 副交感神経の働きが活発になり、カラダがリラックスした状態に近づいていきます。


いかに、質の高い深呼吸ができるか?がまずは大切になります。 質の高い深呼吸をマスターして、体質も整えていく作業が大切です。


栄養状態も視野に入れていきます。 朝に日光を浴びたり、ぬるま湯にタップリ浸かる、深呼吸をするなど、お客様ご自身でも実施可能な内容を正しくお伝えする事が大切である、 と思います、

----------------------------------------------------------------------

フィジオ・リスタート ASHITA

住所:千葉県柏市あけぼの1-8-9 長妻ビル102

電話番号:050-3708-0417

----------------------------------------------------------------------